お知らせINFORMATION

2018.01.19PRESS

新会社「INSTORE LABO」設立のお知らせ

 流通・サービス店舗に特化した、フィールドマーケティングソリューションを提供する株式会社メディアフラッグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 福井康夫、東証マザーズ・証券コード:6067、以下「当社」)は、店頭販促プランニングから流通主導の販促物制作、店頭設置までを提供する新会社株式会社INSTORE LABOを2018年2月9日に設立予定でございます。

集合写真

◆ 新会社「INSTORE LABO」設立の背景

 日々、流通店舗には様々なメーカーから販促物が届いていますが、使用されるのは約30%という低い状況が長期に渡り課題となっております。その為、メーカー各社は販促物設置ラウンダーを手配し、設置コストも負担しています。

 一方、流通側では五月雨式に送られてくる什器でバックヤードが一杯になってしまう、ストア設計に合致していないなど、止む無く廃棄する実情と複数のラウンダーの対応を行うことに時間が取られるという課題を抱えています。

 これらの問題を解決する為に流通主導に立ち、販促物制作・設置をワンストップで支援するソリューションをINSTORE LABOのメイン事業として流通小売業とメーカーがWin-Win(店頭実現率100%)になる仕組みを提供して参ります。


◆ 株式会社INSTORE LABO 代表取締役社長 秋田晃周より

 ドラッグストア業界は少子高齢化など国内市場が縮小する中、毎年成長を続けている小売市場です。しかしながら近年はM&Aによる業界再編に加えamazonの台頭によるEC市場という脅威に対し、リアル店舗間の同質化からの脱却、ネット販売と比較した時の明確な付加価値を創造していかなくてはならない時期に来ているのではないでしょうか。

 このような環境下、店頭販促のあり方を抜本的に改善することが「店舗の明確な付加価値を実現する」為には必要と考えます。その方法は、店頭のツールを今までのブランド主体(メーカー様視点)から小売主体(お客様視点)に変えることです。そこで当社は小売業様に寄り添いこの仕組みを完遂すべくワンストップでご支援致します。

 この仕組みは、小売業様とメーカー様の更なるWin-Winの関係構築になると確信しております。小売業様には「本部統制力向上」「売り場同質化からの脱却」メーカー様には「本部商談決定事項の店頭実現、棚割維持率100%」「店頭販促費用100%有効活用」をお約束致します。ご興味のある小売業様からのご連絡をお待ちしております。(現時点で2企業のドラッグストア様にご内諾いただいております)

◆ 株式会社INSTORE LABO 代表取締役社長 秋田晃周 経歴

秋田晃周 経歴

◆ 株式会社INSTORE LABO 会社概要

社名:株式会社INSTORE LABO
事業内容:流通主導の店頭販促プランニング・販促物制作~店頭設置業務を提供
設立:2018年2月9日(予定)
資本金:30百万円
代表者:代表取締役社長 秋田晃周
本社所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目12-19 東建インターナショナルビル6F

この件に関するお問い合わせは、当ホームページのお問い合わせフォームから、ご連絡をお願いいたします。

  • インパクトホールディングス福井のMarketWatcherブログ
  • Coffeeday Essentials
  • 商売の心得
  • 俺のフィロソフィ
  • MediF
  • cabic株式会社(インパクトホールディングスグループ) アルバイト求人サイト
  • リゾートバイト
  • サービス診断士
  • アマゾンimpactTVストア
  • 言わせて.SHOP
  • JOBチョイス