お知らせINFORMATION

2018.09.25PRESS

クオリティ特化型調査【在庫数カウントチェック】開始 ~新商品・重点商品の展開状況・オペレーションの確認~

 流通・サービス業に特化したアウトソーシング事業を展開する株式会社メディアフラッグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:福井康夫)は、当社登録スタッフ(メディアクルー)を活用した店舗巡回業務や覆面調査の提供により、さまざまな業界で現場が抱えている課題の改善に取り組んでおります。

クオリティ特化型調査イメージ画像

 近年、店舗店頭に並ぶ商品は、少品種の大量生産・陳列から多品種の大量生産・陳列する売場へシフトしております。取り扱う在庫数・種類は増えており、在庫管理に大きな影響を与えています。スタッフの接客調査を実施頂いている企業様より、接客だけでなく、重点的に販売するカテゴリーや新商品に対し「データ上在庫はあるはずなのに売場にない」「在庫はあっても魅力的でない」「本部から支持した重点商品が店舗によって売り込みに温度差がある」といったお悩みを頂きます。そこで、「クオリティ特化型調査(在庫数カウントチェック)のサービス」を開始致しました。

◆ サービス概要

【導入例】
全国小売店にて指定カテゴリーや商品の在庫数、アイテム数・展開状況をチェック。

◇実施業態例
・ブランドショップ・コンビニエンスストア・スーパーマーケット

◇実施内容
調査員はチェックポイントに沿って、自店舗と競合店舗で在庫数含む比較調査を実施。
自店舗は公開調査、競合店舗は覆面調査を行い同一調査員で調査を行うことで、同じ評価基準で調査することが可能。
店内にて、在庫数、在庫種類、商品展開(欠品、整理整頓、値札の位置など)をチェック。

◇調査導入のメリット
・自店舗と競合店舗で同一のチェック項目を活用し、比較することで店舗の強み、弱みを明確にする
・マーケットウォッチャーで調査データを速報で報告できるため、リアルタイムでデータを閲覧できる。
・web上での閲覧と自店舗と競合店舗の比較した調査データを出力して閲覧が可能。

◇活用方法
・競合店舗と比較し、仕入・陳列数などの管理に活用。
・店舗の課題や主に新人スタッフのマニュアルの改訂などに活用。
・店舗の立ち位置を知ることで、今後の店舗運営に活用。

メディアフラッグは、今後も様々なシーンにおいて企業様のサポートを行い、各業種の発展に寄与して参ります。

この件に関するお問い合わせは、当ホームページのお問い合わせフォームから、ご連絡をお願いいたします。

  • インパクトホールディングス福井のMarketWatcherブログ
  • Coffeeday Essentials
  • 商売の心得
  • 俺のフィロソフィ
  • MediF
  • cabic株式会社(インパクトホールディングスグループ) アルバイト求人サイト
  • リゾートバイト
  • サービス診断士
  • アマゾンimpactTVストア
  • AIサイネージ
  • 言わせて.SHOP
  • JOBチョイス
  • 伸和企画オンラインショップ