お知らせINFORMATION

2019.09.25PRESS

「impactTV Private Show 2019 in OSAKA」開催結果のお知らせ ~来場71社。最も注目を集めたのは「省人化:タッチコンテンツ事例(商品検索)」~

お問い合わせ番号: iTV20190925

 流通・サービス店舗に特化したアウトソーシング事業を展開するインパクトホールディングス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 福井康夫、東証マザーズ・証券コード: 6067 )の子会社で、デジタルサイネージを中心とした店頭販促トータルソリューションの提供を行なっている株式会社 impactTV (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 川村雄二)は 、「impactTV Private Show 2019 in OSAKA」の開催結果をご報告いたします。

※写真は会場の模様

◆ 開催背景・目的

 昨今、売場では人手不足、スキル不足の顕在化に加え、滞留の短時間化に対応した最適施策の設計が課題となっています。流通・小売事業者とメーカー間で良好な関係性を生む鍵は、これら課題に対する共通認識。そして解決していく手段としての機材・ツール、そしてデータ活用となります。当社が20年を超える店頭販促領域でのサイネージ事業で培った解決ノウハウと技術。店頭領域を超えた開発要望にも応えたソリューション。ヒューマンリソースを抱えるホールディングスのグループ総合力とともにワンストップで皆様へご案内すべく、7月の東京オフィスでのPrivate Showに続き、大阪オフィスでPrivate Showを開催いたしました。  

◆ 結果

 今回のPrivate Showでは、開催期間中「2019年9月2日(月)~同年9月13日(金) ※土日除く」の10日間で、延べ71社137名の皆様にご来場いただきました。

■ 「アイキャッチ強化」の展示カテゴリの展示カテゴリが最も興味・関心を集める

「アイキャッチ強化」が60社(85%)と最も興味がある展示カテゴリとなりました。次いで「省人化」が55社(78%)、「壁・床有効活用」が47社(66%)と続いています(図1)。

<展示カテゴリ内容>

・「アイキャッチ強化」:リサイズモニタやバーサイネージ、65インチモニタ_裸眼3D、空中3Dサイネージなど、アイキャッチ性を高めたサイネージ
・「省人化」:センサー連動サイネージや商品説明/紹介/検索/推奨/多言語のコンテンツ事例
・「壁・床有効活用」:      壁や床を有効活用できる壁掛け型の正方形サイネージ各種や、店頭向けLCD手書きコラボのイーゼル型メニューボード、43インチ電子ペーパー
・「データドリブン」:構想中サービス(消費者行動のデータ化、集客施策の可視化)の紹介や事例の紹介、顔認識による属性別コンテンツ出し分け機能のデモ

■ 製品・サービスでは「省人化:タッチコンテンツ事例(商品検索商品検索)」が最も興味・関心を集める

※複数回答 n71社

 製品・サービスとしては、省人化カテゴリの中からタッチコンテンツ事例の「BA10Cタッチコンテンツ事例(商品検索)」が61社(86%)と最も高く評価いただきました。次いで、同じく省人化カテゴリの中から「BA10Cタッチコンテンツ事例(生態説明)」が57社(80%)、省人化やインバウンド対応が可能な「タッチ&プリンター多言語サイネージ」が53社(75%)という結果となりました(図2)。

<製品・サービスに対する来場者の声(抜粋)>

・「手に取るサイネージ」:商品説明の補足としておもしろい。コンテンツ次第で色々な使い方が出来そう。(代理店 マーケティング担当者)
・「65インチモニタ_裸眼3D」:とても面白い。10インチ程度の小さいサイズも見てみたい。(メーカー 営業担当者)

■ 来場者の声(抜粋抜粋)

・グループ会社と取引していたが、impactTVに来社するのは初めて。非常に勉強になり、いい機会になりました。(メーカー 企画担当者)
・今後提案できそうなものがあり、勉強になりました。事例も拝見できてイメージがついた。(代理店 販促担当者)

◆ 株式会社impactTV 会社概要

社名 : 株式会社impactTV(インパクトホールディングス株式会社100%子会社)
事業内容 : デジタルサイネージを中心とした店頭販促トータルソリューションの提供(企画、製造、販売、運用支援、マーケティング分析)
設立 : 1986年7月
資本金 : 359百万円(2018年12月末時点)
代表者 : 代表取締役社長 川村雄二
本社所在地 : 東京都渋谷区渋谷2丁目12-19 東建インターナショナルビル6F
従業員数 : 35名(2019年1月時点)
WebURL : https://impacttv.co.jp/
EC URL : https://www.amazon.co.jp/impacttv

このニュースリリース記載の情報(価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL 等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され発表日と情報が異なる可能性もありますので、予めご了承ください。

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社impactTV 経営管理部
お問い合わせ番号: iTV20190925
TEL:03-4426-4132 / FAX:03-5778-9070 / E-mail:pr@i-tv.jp

  • インパクトホールディングス福井のMarketWatcherブログ
  • Coffeeday Essentials
  • 商売の心得
  • 俺のフィロソフィ
  • MediF
  • cabic株式会社(インパクトホールディングスグループ) アルバイト求人サイト
  • リゾートバイト
  • サービス診断士
  • アマゾンimpactTVストア
  • 言わせて.SHOP
  • JOBチョイス