お知らせINFORMATION

2022.03.09PRESS

据置利用特化型Android™OS端末、EC直販開始のお知らせ 〜バッテリーレス、業務専用端末化を叶える仕様〜

 インパクトホールディングス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:福井康夫、東証マザーズ・証券コード:6067)の完全子会社で、ICT及びIoT製品の企画、開発、製造、製造受託、販売、保守、デジタルサイネージを中心としたトータルソリューションの提供を行なっている株式会社impactTV(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:川村雄二、以下「当社」)は、当社EC (https://www.amazon.co.jp/impacttv) で 「専用端末化が可能なバッテリー非搭載Android OS端末」 の直販を開始しました。

◆「専用端末化が可能なバッテリー非搭載Android OS端末」 直販開始の背景

 当社では、消費財メーカーを中心にサイネージとして活用しながらマーケティングツールとしても機能するオリジナルアプリ搭載した端末をソリューションの構成デバイスとして提供してまいりました。一方、広告・動画メディア、IoTソリューションを営む事業者から自社開発の特定アプリを利用するため、デバイスのみでの供給依頼が増えており、その実績も着実に重ねております。今回はデバイスのみの供給を求める声に素早く応えていくため、据置利用で専用端末化が可能なAndroid OS端末4機種を当社アマゾン直販ストア (https://www.amazon.co.jp/impacttv) にて販売開始するに至りました。

<アマゾン直販ストアで販売する専用端末化が可能なAndroid OS端末4機種>

アマゾン直販ストアで販売する専用端末化が可能なAndroid OS端末4機種> AD7C,AD10C,AD15M,AD21M

◆「専用端末化が可能なバッテリー非搭載Android OS端末」 の主な特徴

・ バッテリー非搭載のAC電源仕様で業務用サイネージ (ご自社で開発した特定アプリ等) としての据置利用に最適
・ 7インチ/10インチ/15インチ/21インチの4サイズのラインナップ
・ 無線LAN/Bluetooth/USB Aポート (OTG対応) を標準装備
・ OSバージョン固定、GMS非認証 (Google Play非対応)
・ ブレーカー運用可能 (電源供給で自動起動)
・ 設定操作は背面十字キー、タッチパネル、専用リモコン (別売オプション)
・ 正面から見えない電源ケーブル
・ 専用ACアダプタモデルはDCプラグ (丸品対応) 採用

※ Amazon直販ストアで販売する本商品には、当社PISTAアプリは搭載しておりません。

◆ 「専用端末化が可能なバッテリー非搭載Android OS端末」 の仕様

AD7C _10C仕様
AD15M_21M仕様

◆ ESG経営、SDGsへの取り組み

 当社はIoT/ICTテクノロジーでDX、スマートシティのインフラを支え、社会、環境にimpactを与える 『impact e』 というコンセプトのもと、 「economic society (経済社会) 」 「electronics device (電子機器) 」 「environment (環境) 」 の3つをプラットフォームと定義づけるとともに、ESG経営に取り組み、各領域における事業活動を通じて社会課題の解決を目指し、SDGs達成にも貢献してまいります。

 本ニュースリリース記載の情報 (価格、仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等) は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、発表日と情報が異なる可能性もありますので、予めご了承ください。

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社 impactTV 社⻑室 (インパクトホールディングス株式会社 完全子会社) TEL:03-4426-4120 / E-mail:pr@i-tv.jp

  • インパクトホールディングス福井のMarketWatcherブログ
  • 商売の心得
  • 俺のフィロソフィ
  • アマゾンimpactTVストア
  • AIサイネージ
  • cabicデジタル推奨販売LP
  • MediF
  • リゾートバイト
  • JOBチョイス
  • 伸和企画オンラインショップ