お知らせINFORMATION

2019.05.16PRESS

BIツール活用支援サービスを開始 ~会社のビッグデータ無駄にしていませんか?~

流通・サービス店舗に特化したアウトソーシング事業を展開するインパクトホールディングス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 福井康夫、東証マザーズ・証券コード:6067)の子会社で、アウトソーシング事業やリゾートバイトに特化したマッチングサイト『Resort Channel』の運営を行っている株式会社MEDIAFLAG沖縄(本社:沖縄県名護市、代表取締役社長:川上友、以下「当社」)は、BIツール活用支援サービスを開始いたしました。

BIとはBusiness Intelligenceの略で、企業に日々蓄積されている膨大なデータを分析し、その分析結果を経営の意思決定に活用することを指します。BIツールを利用することで、必要な情報を引き出し、集計を行い、経営や売り上げ拡大に活用するための分析ができます。

◆ BIツール活用支援サービスとは

 昨今、企業の数値管理や改善において、ビッグデータを始めとしたデータ分析、解析の重要度が高まっております。しかし、企業によっては、自社のデータ分析や解析を行おうとしても、「データファイルが多くて毎月の報告書作成が大変」「BIツールは聞いたことがある(活用したい)が、使い方がわからない」「データ量が多すぎてExcelが固まる。動かない」などの理由から、データをうまく活用できていないケースも多くあります。

 当社ではそういった問題を解決すべく、BIツール活用支援サービスを開始しました。データをお渡し頂くだけで、当社が集計・分析を行い、更にBIツールにて可視化することで、今まで活用できなかったデータや見せ方をワンストップで支援することができ、企業の数値管理や改善につなげることができます。

困ったから解決の画像

◆ BIツール活用支援サービスで出来る事例

 当社のBIツール活用支援サービスを導入することで、Excelではできなかった地図表現や手間のかかっていたデータ集計も、リアルタイムに可視化することができます。

 例えば、今までExcelにて毎月報告書を作成しており、先月のデータを見たい時は、先月の別のエクセルを開き見比べている。といった場合、BIツールを活用すれば、同じweb画面上から、月ごとの集計をプルダウンで簡単切り替えることができます。またExcelでは表現の難しい日本地図などのマップでの表現も可能です。メーカー会社や多くの店舗を運営する会社などであれば、マップ上で数字の低い店舗、高い店舗を視覚的に表現することで、営業強化店舗等を抽出することが出来ます。

イメージ図

◆ 株式会社MEDIAFLAG沖縄 会社概要

社名   : 株式会社MEDIAFLAG沖縄
事業内容 : アウトソーシング事業・人材紹介・人材派遣
設立   : 2012年10月
資本金  : 10,000,000円(インパクトホールディングス株式会社100%出資)
代表者  : 代表取締役社長 川上友
本社所在地: 沖縄県名護市豊原 224-3 名護市マルチメディア館1F
従業員数 : 39名(うち正社員34名) ※2019年4月時点
WebURL  : https://okinawa.mediaflag.co.jp

この件に関するお問い合わせは、当ホームページのお問い合わせフォームから、
ご連絡をお願いいたします。

  • インパクトホールディングス福井のMarketWatcherブログ
  • 商売の心得
  • 俺のフィロソフィ
  • コンビニスーパーバイザー24時間
  • MediF
  • cabic株式会社(インパクトホールディングスグループ) アルバイト求人サイト
  • リゾートバイト
  • 短時間ワーク
  • 短時間ワークのコツ
  • サービス診断士